健好庵

東洋医学の感性と鍼灸の技術によるアトピー治療

交通案内
050-1218-9707
〒145-0062
大田区北千束3-8-14-1階
東急大井町線・目黒線
大岡山駅徒歩5分
健好庵
ホーム > 睡眠障害 > 起立性調節障害(OD) > 起立性調節障害ODの東洋医学(1)なぜ思春期に発症?

起立性調節障害ODの東洋医学(1)なぜ思春期に発症?

起立性調節障害(OD)という朝に起きられない病気があります。思春期に発症しやすいと認識されています。
東洋医学的には心身の成長に生殖能力の成長が加わることが大きく関係すると観ることができます。

起立性調節障害が発症する思春期

臨床現場では1960年くらいから見られるものだったようです一般的には長く認知されない病気でした。この10年くらいでだいぶ学校、教育業界で知られるようになりました。僕は専門学校で医療の勉強を始めてから、起立性調節障害(OD)のことを知り、振り返って自分が起立性調節障害(OD)だったんだと理解しました。大人になってからも体の状態によっては立ちくらみが出ることがあります。

起立性調節障害は思春期に発症することが西洋医学では知られています。思春期に発症することの理由は身体的な成長や、思春期の精神の成長、その他人間関係の変化など社会的なものと関係しているとされています。

そこに東洋医学的に心身の関連を合わせて観ると、起立性調節障害の発症には第2次性徴が関係することが見えてきます。つまり生殖能力、性の成長が関係します。

体と心の成長期

人間は生まれた赤ちゃんから大人になるまでスクスクと体が成長します。

  スクスク大きくなるぞッ

成長する時には栄養が必要です。食事をしっかり食べることだけでなく、栄養を取り出す消化器がしっかりと働く必要があります。だから子供はよく食べますね。食べ過ぎたりする子供もいますが・・・

10歳前後になると、大人になる準備として第二次性徴が始まります。大人の体になるということは、生殖能力が身に付くということです。この時期から思春期が始まるということになります。

第二次性徴が始まると身長や体重など体の成長も、それまで以上に増加するようになります。男女差、個人差がありますが高校生くらいまでは続きます。体の成長が終わるのは個人差がありますが、身長を目安に見てみると女性は13~15歳、男性は16~18歳です。

思春期には体だけでなく、心、精神も成長します。精神の成長は脳の発達や性ホルモンの影響があります。こうして体と精神が大人になっていきます。そして、生殖能力がさらに備わっていくことになります。 

 

病気の原因がわからず途方に暮れている誰かに、古くて新しい東洋医学が力になるかもしれません。

応援どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へにほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ

《ご案内》

●8/19(日)10:00~13:00東急池上線池上駅徒歩8分イベントスペースNORIにて出張体験施術しております。ご希望の方はご予約をお願いします。
15:00~18:00大岡山健好庵にて施術となります。詳細はお問い合わせください



« 前の記事:

次の記事: »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です