ホーム > 東洋医学の世界 > 五臓六腑「腎」の働き

五臓六腑「腎」の働き

腎の働き

五臓六腑腎の働き

腎は全身の水分代謝を管理しています。
必要な水分を保持して、不必要な水分は排泄します。
これは西洋医学の腎臓と同じですね。

東洋医学における腎は体の元気を蓄える働いています。
さらにこの腎が持つ気は体を温めるための根源的な熱となります。
常に静かに燃え続ける種火のような役割です。

この元気は三焦(さんしょう)という内臓が全身の経絡に届けています。
腎と三焦の働きには密接な関係にあります。

生命力である「精」を貯蔵しています。
体が成長する力に関係します。

また生命力は生殖能力です。
男性の性機能や女性の妊娠能力にも精が関わっています。


〒145-0066
大田区南雪谷
東急池上線
雪が谷大塚駅 徒歩7分

b-yoyaku-l
050-1218-9707
●大変申し訳ありませんが、現在新規の施術、往診は受け付けておりません。