健好庵

東洋医学の感性と鍼灸の技術によるアトピー治療

交通案内
050-1218-9707
〒145-0062
大田区北千束3-8-14-1階
東急大井町線・目黒線
大岡山駅徒歩5分
健好庵
ホーム > 花粉症 > 花粉症にほうじ茶ゼリー

花粉症にほうじ茶ゼリー

本日は旧正月元日

今日2/16は旧暦の正月一日。

旧暦マニア!?なんてものがあるかどうかは知らないけれど、月の暦を意識している人にとってはなかなか特別な日。
占星術をしている人にとっても新月だから特別かな?

松村賢治さん『旧暦と暮らす』を読んだ時に「面白い!」と次々に図書館で関連の本を読んでいろいろと覚えました。

「江戸の暦なら今日が元日なんだなぁ」と思いながら多摩川を歩きました。風は南東寄り。春のにおいを感じる日でした。
天気は晴れてはいたものの、雲が多かった。
快晴になる確率は新暦の正月元日のほうが高いみたいですね。

旧暦は中国では「農暦」と言って、旧正月のほうをお祝いするのは、「爆買い訪日」で周知のとおり。
ここ数年はもだいぶ落ち着いたのかな?

桜開花が早い年内立春?

立春が来た2/4は旧暦では12/19。
つまり年が明けない内によくテレビで言う「こよみ上の春が来た」ということ。
こういうのを「年内立春」と呼びます。

松村賢治さんの本によると、年内立春の年は春の訪れは遅い傾向とあります。
春分まで寒さが続くでしょうか?

でも桜の開花は早い傾向とのこと。
毎年気にして開花のニュースを見ていると平年よりも確かに早い様子。早いといっても3,4日程度といったところ。
果たして今年はどうでしょう?

ほうじ茶で花粉対策

思い立って切り抜いておいた新聞の記事にあった「ほうじ茶ゼリー」を作りました。
わずか15分で完了。容器に入れて冷やすだけ。

実はこれは花粉対策になります。

「べにふうき」というお茶が花粉対策のお茶として知られているけど、別に普通のお茶でも花粉対策になります。

花粉症対策の有効成分は茶カテキン。
べにふうきの茶カテキンは少し特別だけど、どんな茶カテキンでも効果はあります。

2,3日に一回、好きな抹茶や紅茶にひと工夫して飲んでいます。
正月明けからこれで花粉対策しています。

暖かい春の訪れのにおいを感じることができます。

 

病気の原因がわからず途方に暮れている誰かに、古くて新しい東洋医学が力になるかもしれません。

応援どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へにほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ

《ご案内》

 



« 前の記事:

次の記事: »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です