健好庵

東洋医学の感性と鍼灸の技術によるアトピー治療

交通案内
050-1218-9707
〒145-0062
大田区北千束3-8-14-1階
東急大井町線・目黒線
大岡山駅徒歩5分
健好庵
ホーム > アトピー > アトピー鍼灸 > アトピー東洋医学 痒み(2)カイカイ熱邪(ネツジャ)

アトピー東洋医学 痒み(2)カイカイ熱邪(ネツジャ)

体にとっての熱は体温です。
体温は生きるために必要です。

熱気は生きるチカラ!

体は体の燃料である糖や脂肪を燃やすことで熱を作ります。
その熱によって生命活動を行うことができます。

活動的な人は体も心も熱気を感じますね。

   ネッキ!

 熱く生きるぞッ!

しかし、さまざまな原因で熱が高くなり過ぎると体の働きも正常でなくなります。
免疫の点で見ると発熱は体にとって必要な場合もあります。
風邪を引いた時の発熱は自然なものです。

風熱は熱邪から起こる上昇気流

しかしその発熱も過剰であれば体や心にとってはツライものとなります。

それが体の働きを邪魔するネツジャ=熱邪です。
炎症もまさしく体内で過剰に作られた熱邪です。

 

  ネツジャ!

 

 熱過ぎるぜッ!

東洋医学では熱邪は風邪を巻き起こすとされています。

キャンプファイヤーやたき火では火の粉が舞い上がるような風が起こります。

東洋医学では皮膚の痒みは風邪=フウジャによって起ると考えますが
その風邪が起る原因の一つが熱邪です。

熱邪と風邪が融合するとフウネツ=風熱が誕生・・・

 フュージョン!!

 

 フーネツ=風熱

 興奮するぜッ!

 

病気の原因がわからず途方に暮れている誰かに、古くて新しい東洋医学が力になるかもしれません。

応援どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へにほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ

《ご案内》

●8/19(日)10:00~13:00東急池上線池上駅徒歩8分イベントスペースNORIにて出張体験施術しております。ご希望の方はご予約をお願いします。
15:00~18:00大岡山健好庵にて施術となります。詳細はお問い合わせください



« 前の記事:

次の記事: »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です