健好庵

東洋医学の感性と鍼灸の技術によるアトピー治療

交通案内
050-1218-9707
〒145-0062
大田区北千束3-8-14-1階
東急大井町線・目黒線
大岡山駅徒歩5分
健好庵
ホーム > セルフツボケア > 《鍼灸ツボケア》風邪と肺の防衛力

《鍼灸ツボケア》風邪と肺の防衛力

土用と立冬

今日で秋の土用の期間は終わりになります。
木枯らしが吹いてから、すっかり空気が冷たくなりました。

この1週間ほど風が強い日が多く、葉っぱもかなり散っていました。
まさに木枯らし!
自然界は秋から冬への準備が終わったようです。

そして明日は立冬です。

すでに空気は冷たくなっています。
特に今日は朝の気温が10℃以下だったようです。

昼間は暖かかったですが、日が傾いてきてどんどん肌寒くなりました。

肺の鍼灸ツボケア

これから本格的に風邪を引く季節の到来です。
10月からすでに風邪を引いている方は多いですが、これからが本番!

インフルエンザにも注意が必要ですね。
なんでもワクチンが少なくて、順番待ちとか・・・

ともあれ風邪は予防がなにより大事です。

肺

これから頑張らなくちゃ!

初めてのツボケアをご紹介します。

風邪予防のために肺のツボ、太淵(たいえん)を紹介します。

 

太淵

このツボは手首にあります。
手首のシワの親指側で、脈が打っているところにあります。

簡単に手が届く場所なので、気軽にセルフツボケアができると思います。

刺激方法はとっても簡単。

2秒押し続けて、2秒押すのを休みます。
「イチ、ニ」で押したままです。
「サン、シ」で押すのを休みます。

数え方は準備体操をする時のように
1,2,3,4(イチ、ニ、サン、シ)
2,2,3,4(ニ、ニ、サン、シ)
3,2,3,4(サン、ニ、サン、シ)
・・・
と数えていきましょう。

詳しくは
ツボケアのご案内をご一読ください。

体を守る肺と皮膚

肺の基本的なツボで、鍼灸での肺の治療ではよく使います。
肺のツボですが、鼻や皮膚の鍼灸治療でも使ったりします。
東洋医学で観ると鼻や皮膚にも肺の力が働いているんですね。

肺は体表を守る力を持っています。
体表にあるのは皮膚。
皮膚は防衛の最前線ですね。

気の防御作用

見せてもらおうか・・・
肺の気の性能とやらを!? byシャア

肺は秋の乾燥した空気、冷たい空気に弱いです。
肺が弱っていると、秋の空気にやられて風邪を引いてしまうんですね。

風邪

もう風邪引いちゃったなぁ・・・

10月からすでに風邪を引いている方は多いですが、これから本格的に風邪の季節です。
風邪は予防がなにより大事です。

僕は風邪は比較的引きにくいほうですが、寒さにはとても弱いです。
風邪を引くのは年末が一番多いですね。
今からツボケアで予防!


« 前の記事:

次の記事: »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です